2010年01月12日

<休刊>月刊の自動車雑誌「NAVI」 2月26日発売号で(毎日新聞)

 月刊の自動車雑誌「NAVI(ナビ)」(二玄社)が2月26日発売の4月号を最後に休刊することが6日分かった。1984年に創刊され、これまで田中康夫さんをはじめ泉麻人さん、えのきどいちろうさん、神足裕司さん、テリー伊藤さんといった多彩な執筆陣を起用してきたが、最近は部数が低迷していた。

【関連ニュース】
フォーサイト:来春4月号で休刊 黒字化の見通し立たず
自民党:機関誌「月刊自由民主」来春休刊 広報戦略転換へ
小学館:「小学五年生」と「小学六年生」と少女マンガ誌「ChuChu」休刊へ
sabra:小学館の男性グラビア雑誌休刊へ 部数半減で
自民党:「月刊自由民主」休刊へ 内容硬く、読者層限られ

ピアノ講師の鉄則
l1ihzc88zの日記ブログ管理ツール
現金化
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
posted by カゲヤマ タカヒロ at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「一・一ライン」市川氏が公明の常任顧問に(産経新聞)

 公明党は8日の中央幹事会で、市川雄一元書記長(74)を常任顧問に起用することを承認した。市川氏は名誉顧問を退いた平成17年以来の党務復帰となる。細川政権や旧新進党時代には、民主党の小沢一郎幹事長と「一・一ライン」として強力な連携を取ってきたことから、民主党に接近する「布石」との憶測を呼んでいる。

 山口那津男代表は記者会見で、市川氏復帰の理由について「夏の参院選は党の再生と今後の命運をかけた総力戦だ。OBの経験や人脈を役立たせていただきたい。OBの代表格としてお願いした」と述べた。民主党との連携を念頭に置いた人事かとの質問には「そういうことを考えて人選したのでない」と強く否定した。

 一方で、自民党が18日召集の通常国会で、「政治とカネ」問題に絡み、鳩山由紀夫首相の関係者や、小沢一郎民主党幹事長らの参考人招致を求めていることには、「呼ぶ根拠が重要だ。全会一致のルールに当てはまる内容があるか、主体的に判断したい」と、自民党と距離を置く姿勢をにじませた。

 ただ、公明党内には「一・一ライン」は市川氏が政界引退をした時点で消えているとの見方が支配的で、「党に人材がいないことを内外にさらしたようなものだ」(党関係者)と、山口氏ら執行部の運営を批判する声が出始めている。

 中央幹事会では、黒柳明(78)、大川清幸(せいこう)(84)の両元参院議員の顧問就任も了承された。

【関連記事】
亀井氏が原口氏の郵政再編案に反発
市川氏が顧問に復帰 公明、小沢氏対策か
民主党組織対策費22億円 首相「違法性ない」
“小沢資金”の謎、不要な融資 個人資産隠し?
小沢氏の事情聴取問題で民主に緊張感 国会、参院選にも影響?

イギリス人からみた日本文化
英語で日本のニュースを読む
ショッピング枠現金化
カードでお金
2ショットチャット
posted by カゲヤマ タカヒロ at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。