2010年02月06日

「フラフラでジグザグのように…」加藤被告、トラック降りアキバ走る(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(4)11:25〜11:40

 《「トラックに人がはねられたときの様子を絵にしてもらえませんか」。平成20年6月8日に発生した事件の現場にいた証人。加藤智大(ともひろ)被告(27)が運転していたレンタカーのトラックが暴走し、人を跳ね飛ばしていく場面を描くよう求めた検察官に「はい」と応えた》

  [図解]秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 《証人は加藤被告や傍聴席から遮蔽(しゃへい)された衝立の向こう側で絵を描き始めたようだ。法廷に沈黙が流れる》

 《加藤被告は、持ち込んだノートに何かを書き込み、後ろを振り返って書いた部分を弁護人に示した。弁護人がうなずいている。証人が絵を描き始めて3分ほどが経ったころ、衝立の向こう側から声がした》

 証人「できました」

 《完成した絵が大型モニターに映し出された。右向きに進むトラックと人物。人は細い線で人形のように描かれている。絵には、それぞれ(A)(B)と記された人が、トラックの両脇に跳ね飛ばされ、(C)と記された人は、右前輪でひかれた後、右後輪の前に転がっていったようだ。絵には、矢印でトラックにひかれていった様子が記されている》

 検察官「(C)さんのこの矢印は何を表しているのですか」

 証人「(人が)クルクル回転している感じを表しました」

 《事件の描写をする証人は、思わず声を落とす。関係者と思われる傍聴人が、まゆをひそめ、息をのむ》

 検察官「人物は頭まで描かれていますが、頭は見えましたか」

 証人「実際には見えていないです」

 検察官「その後もトラックを見ていましたか」

 証人「はい」

 検察官「トラックはどうなりましたか」

 証人「自分の前を通過し、陸橋の手前ぐらいで急停止しました」

 検察官「トラックが急停止した場所を地図に書き込んでください」

 証人「はい」

 《検察官の指示に応じ、証人は地図にトラックが交差点の先で停止した位置を書き込んだ》

 検察官「トラックから誰か降りてきましたか」

 証人「はい。男性が降りてきました」

 検察官「それは停止してからすぐですか」

 証人「停止して30秒くらい後に降りてきたと思います」

 《証人は検察官の指示で、トラックの運転席脇に男が降りてきた位置を書き込む。この後、検察官は降りてきた男性の様子を詳細に証人に確認していく》

 検察官「降りてきた男はどんな服装でしたか」

 証人「メガネをかけていて、ベージュの色をした服を着ていました」

 検察官「年齢は?」

 証人「25〜30歳くらいの方だと思います」

 検察官「ここで4枚の写真を示します。上着の前と後ろの2枚の写真ですが、あなたが見た人の服と比べてどうですか」

 証人「同じだと思います」

 《大型モニターに、ベージュ色の上着の写真2枚が示される。続いて、同色のズボンの写真が2枚映し出される》

 検察官「続いてズボンの前と後ろが写っている写真2枚ですが、こちらは?」

 証人「こちらも同じだと思います」

 検察官「トラックから降りてきた男はその後どうしましたか」

 証人「ふらつきながら、地図の東から西へ走っていきました」

 検察官「どんな様子でしたか」

 証人「フラフラでジグザグのように走っていきました。自分の正面に来るまでそんな感じで、その後は交差点に向かい全力疾走する感じでした」

 検察官「その後、その男はどうしましたか」

 証人「自分の前を通過した後、交差点を見ていた男性を突き飛ばしたような感じに見えました」

 検察官「あなたから見てどの辺りですか」

 証人「自分より斜め前辺りに立っていました」

 《検察官の求めで、証人は地図の交差点近くに(D)と、突き飛ばされたように見えたという男性の位置を書き込む》

 検察官「その男性はどんな服装でしたか」

 証人「リュックサックを背負い、ジーパンでした」

 検察官「年齢はどのくらいでしたか」

 証人「50歳くらいかなと思いました」

 検察官「男性を突き飛ばすようにした男は具体的にどんなことをしていましたか」

 証人「右手で(D)さんの左肩をつかんで引っ張ったように見えました」

 検察官「(D)さんはその後どうなりましたか」

 証人「その場に倒れ込むような感じで横になってしまいました」

 検察官「男は手に何かを持っていましたか」

 《検察官は凶器の有無を尋ねているようだ》

 証人「よく見えませんでした」

 検察官「倒れた後は男はどうしましたか」

 証人「交差点の方に走っていき、よく見えなくなってしまいました」

 《男の(D)さんに対する行為を尋ねる検察官の細かい質問が続く。加藤被告はまっすぐ前を見つめ、動かない》

 =(5)に続く

【関連:法廷ライブ】
(3)「人がトラックにひかれ転がり…」衝立の向こうで語られる生々しい証言
証人尋問で遮蔽措置「気分悪くなった」 秋葉原殺傷公判
加藤被告が謝罪…秋葉原殺傷 初公判
あたりは血の海…秋葉原殺傷 第2回公判

■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承(医療介護CBニュース)
漁船銃撃で露側に厳重抗議 政府(産経新聞)
阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に−京都(時事通信)
<夕方閣議>「陛下に負担」宮内庁と相談へ(毎日新聞)
事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに−鳥取不審死・県警(時事通信)
posted by カゲヤマ タカヒロ at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もみ玉むき出し危険、マフラー絡み窒息死(読売新聞)

 フジ医療器(大阪市)は5日、静岡県在住の70歳代の男性が同社のマッサージ器を使用中、窒息して死亡する事故が1月に発生していたと発表した。

 もみ玉を覆う布カバーを切り取った状態で使用し、首に巻いていたマフラーが駆動部に巻き込まれたことが原因という。適正な使用方法と異なる使い方をしていたことが原因であるため、同社はリコール(回収・無償修理)はしないという。

 ただ、布カバーを外したり、ハサミで切り取っての使用をしないように注意を呼びかける。布カバーが破れたり、穴が空いた場合にも使用をやめ、同社へ連絡するよう求めている。

福岡の汚職、副知事室で100万円授受(読売新聞)
愛知・春日井のJR中央線で人身事故、1人死亡(読売新聞)
埼玉不審死、きょうにも再逮捕 交際男性殺害の疑い(産経新聞)
閣僚のヤジ・不規則発言、首相と官房長官が注意(読売新聞)
<障害者施設放火>元世話人に懲役12年 横浜地裁(毎日新聞)
posted by カゲヤマ タカヒロ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。