2010年06月18日

アメリカ留学、10年で4割減 交流会議で支援訴え(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】日米の有識者が参加して米議会内で開催されていた日米教育文化交流会議は11日、大学やシンクタンクなどへの財政支援の強化を求める共同声明を発表し、2日間の日程を終えた。

 日本側委員長の槙原稔三菱商事相談役は会議終了後に発表した共同声明で「日米間の学者、学生間の交流が著しく減少している」と指摘、大学やシンクタンクなどへの財政支援を強化する必要性などを訴えた。

 会議では、日本からアメリカに留学する学生がこの10年で40%近く減少、米国の留学生全体に占める日本人の割合は、13年前の10・1%から4・4%に低下しているとの指摘があった。

 また、会議の中で日米双方の出席者が、英語教師の助手を外国から日本に招く「JETプログラム」が、民主党政権による事業仕分けの対象になっていることへの強い懸念を示した。

「暴力団と交際」木瀬親方、理事会で認めていた(読売新聞)
<未来の科学技術>31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
枝野幹事長「ちょっと確認してみる」 荒井氏事務所費問題(産経新聞)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
posted by カゲヤマ タカヒロ at 10:13| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。