2010年05月21日

<労働問題>17日ネット番組開始 市民グループが情報発信(毎日新聞)

 昔ガリ版、今ネット−−。労働に関する情報をインターネットで発信している市民グループ「レイバーネット日本」が17日夜、動画をオンライン放映する「レイバーネットTV」をスタートする。参院選を前に政党のオンラインTVなども始まっているが、労働問題の専門番組はネット上では初の企画ではという。質問に答えるコーナーの生中継も実施。ネットメディアをビラ代わりに「埋もれている情報に光を当てたい」と意気込んでいる。

 レイバーネット日本は、労働者の現状や労組の情報を共有しようと01年に設立された。メンバーには労組員の他にビデオジャーナリストなど映像に携わる人も多く、集会の様子など録画した情報も発信してきた。

 初回となる17日の放映は、午後8時から1時間。大手メディアでは取り上げられることの少ない現場の情報を市民の視点で紹介するのがコンセプトだ。動画配信サイト「USTREAM(ユーストリーム)」を使って配信する。

 若手労働者から寄せられた質問に、古参の労組員が答える「教えて、おじさん」を生中継。残業代が支払われない、セクハラがひどいなど「不満自慢」のコーナーでは、寄せられた情報を即興で川柳や替え歌にして激励するなどユニークな試みも行う。

 今後も月1回放映予定で、番組内で視聴者との双方向のやり取りを図る。レイバーネット日本の共同代表の松原明さんは「市民メディアならではの視点で情報発信したい。雇用情勢が厳しい中で、働き方を考える刺激になれば」と話している。問い合わせはレイバーネット日本(03・3530・8588)へ。番組の視聴はhttp://www.labornetjp.org/tv。【東海林智】

【関連ニュース】
対談:どうする「光の道」 孫社長と佐々木氏が論戦
グーグル:ユーチューブでリアルタイム動画配信を検討
ライアーゲーム:“幻の第10話”オンデマンド配信 映画につながる新ストーリー フジテレビ
DAIGO:「うぃっしゅ!」に続く決め言葉募集 ニコ動でプロデュース番組
ウッチャンナンチャン:6日放送の「笑う犬」新春特番 放送直後に動画配信 「笑う犬の冒険」も

鳩山首相、口蹄疫対策本部設置「拡大とめられぬ現実がある」(産経新聞)
責任追及より防疫先決=ワクチン使用「検討中」―首相(時事通信)
ラブホテルに2人組刃物強盗 奈良・香芝(産経新聞)
平野官房長官、15日夕方2度目の鹿児島訪問(読売新聞)
<女子高ボクシング部>でも「殴り合いはイヤ」!? 高校総体に初参加(毎日新聞)
posted by カゲヤマ タカヒロ at 12:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

いつもはSのお姉たまやけど、昨日はドM女にチンチン買ってもらったで!
尺八させて顔に精○ぶっかけたら、めちゃ喜んでたわ(笑)

てかこのサイトって変☆態☆女しかおらんのかい!!wwww
http://SpecoVer.com/topo/0zeawmv/
Posted by ダメな女の子ばかりやなwww at 2010年05月25日 07:55

うしゃぁぁぁ!!!借金完済したぁぁぁ!!!
つか毎日チ〜ンポはめはめしてたら、いつの間にか無くなってたしな!!w

こんなラクな仕事あんならもっと早く教えてくれよって感じだぜwww
http://ch4twa-.Az.KaSira-d.net/
Posted by ちょwwwマジでボロ儲けwww at 2010年06月05日 13:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。